センター長挨拶

ごあいさつ

センター長

群馬大学 教育学部 附属学校教育臨床総合センター
センター長 日置 英彰

群馬大学教育学部附属学校教育臨床総合センターは,教育実践に関する臨床の学の創出を目指し,附属学校園,教育委員会,学校などの教育関係諸機関や地域社会と連携し,教育実習,教育実践および教育相談に関する理論的・実践的研究を行いながら,そこで得られた成果を踏まえた教育および研修を行っております.これらの活動を通して,豊かな教育実践力を身につけた学校教員の養成と,学び続ける教師の支援を目的としています。

当センターは,三つの部門「教育実習・実践開発部門」「国際理解教育部門」「教育臨床心理部門」と「学部・附属連携推進室」から構成されています.三つの部門は互いに連携しながら今日の学校教育課題の解決に資する実践的指針を見出す取組みを行っております。一方「子ども総合サポートセンター」「教員養成FDセンター」「学部・附属学校共同研究センター」からなる「学部・附属連携推進室」では,附属学校園をフィールドとして,学部教員と附属学校教員が協力して理論と実践の融合をはかりながら教育課題の発見・分析・解決を目指しています。

当センターでは紀要・年報等の出版物を発行すると共に,数々の講座を開催し,研修制度を設けております。ホームページには,これらをはじめとする様々な情報を掲載しておりますので,より多くの方々にご利用いただけると幸いです。