センター長挨拶

ごあいさつ

センター長

群馬大学 教育学部 附属学校教育臨床総合センター
センター長 上原 景子

附属学校教育臨床総合センターは,全国国立大学法人の教育大学と教員養成系学部に設置されている教育研究施設です。私たち,群馬大学教育学部附属学校教育臨床総合センターでは,全国の教育実践研究関連センターと同様に,教育実践に関する臨床の学の創出を目指して附属学校園,教育関係諸機関や地域社会と連携し,教育実習,教育実践および教育相談に関する様々な理論的・実践的研究を行っております。同時に,こうした理論的・実践的研究の成果を踏まえた教育と研修を行い,豊かな教育実践力と子どもの成長をめぐる諸問題の解決力を身につけた学校教員の養成に寄与するための数多くの取組を実施しております。

群馬大学教育学部附属学校教育臨床総合センターは,互いに連携して大学教育を支える三つの部門「教育実習・実践開発部門」「国際理解教育部門」「教育臨床心理部門」と三つのセンター「子ども総合サポートセンター」「教員養成FDセンター」「学部・附属学校共同研究センター」で構成されています。これらの部門とセンターを貫く大きな目的は,大学と学校現場との協働的・実践的な研究を通して,今日の学校教育課題(いじめ,不登校,教師のストレスなど)の解決に資する実践的指針を見出していくことです。このことにより,地域の教育や学校現場への貢献だけでなく,本学部の学生諸君に対しても大きな教育効果が得られるものと確信しております。

私たち,群馬大学教育学部附属学校教育臨床総合センターは,わが国の教育・研究機関として,常に時代のニーズに応えつつ先導的に教育の成果に貢献していくことに存在意義を見いだし,常に柔らかな目を保持しながら今後の方向性を見極めていきたいと考えています。本センターでは紀要・年報等の出版物を発行すると共に,数々の活動や催事,e-learningを実施しております。当センターのホームページには,これらを始めとする様々な情報を掲載しておりますので,より多くの方々にご利用いただけると幸いです。